大谷翔平の通訳、水原一平の年収1億円超えに対しての台湾の反応「一平は超人」「まだ安い」

大谷翔平

翻訳元:[ https://x.gd/PlUFC ]

スレ立て人は以下の『女性自身』の記事を中国語に翻訳して話題にしていました。

■「グルーピーをシャットアウトすることも大事」

米国全土の飲食店に詳しいことも大切だという。『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2023』の著者でスポーツライターの友成那智さんは言う。

「メジャーリーガーは全国各地を転戦するため、通訳さんは事前においしいお店を把握する必要があります。また、そうした店の近くにはグルーピー(有名人につきまとう女性)もいて、彼女らをシャットアウトすることも大事です」

水原さんは用心棒、グルメ情報収集以外にも、さまざまな職務を行っていた。

「野球経験はないのですが、試合前には大谷選手のキャッチボールの相手役をよく務めています。車の運転手をしたり、自主トレーニングのサポートをしたり、大谷選手や球団のための動画撮影カメラマン役もこなしています」(前出・在米スポーツライター)

また、審判の性格分析も重要だそう。岡島氏はインタビューで水原さんの技術をこう評価していた。

《日ごろからいろんな選手から話を聞いたり、審判の機嫌がよさそうなときには話しかけたりして、性格を把握するんです。そういうことを通訳さんがやってくれると、選手はプレーに集中できて、とてもありがたいんです》(『週刊文春』3月30日号)

“心理分析官”の職務もあるのだ。大谷がケガをしたときや、心身が不調なときも、水原さんはできる限り寄り添っていたという。

「コロナ禍で試合がなくなったときも練習場で一緒に練習していました。当時の水原さんは妻と愛犬と過ごす時間より、大谷選手との時間が長かったといいます。また、投手として試合でKOされた日は声をかけることなくベンチで横に座り、一緒に試合を見守り続けるんです」(前出・在米スポーツライター)

前出・友成さんは言う。

「こうした役割はメンタルサポーターといって、大リーグの球団は主力選手につけていることが多い。水原さんがその役を兼務していることになりますね」

■「通常の球団職員の年収は10万ドル(1390万円)」

また、試合後も水原さんは10番目となる最後の役割を担っていた。

「試合後は、焼き肉を食べに行ったり、一緒にゲームをしたり。水原さんは孤独になりがちな大谷選手の最高の友人でもあるのです」(前出・在米スポーツライター)

水原さんは昨年11月の『NHKスペシャル』で、こう語っていた。

「本当に投打ともに伸びしろしかないので、ホームランもいつか60本以上打つと思うんです。『60本打てるよ』と翔平に言うと『いやいやいや』と言われますけど(笑)」

常に大谷を鼓舞し続ける水原さん。“10刀流”の彼の年収はどれくらいなのだろうか。

「現在、球団職員の通訳として支払われる年収は通常10万ドル(1390万円)です。この数年の活躍で20万ドル(2780万円)ぐらいでしょうか」(前出・友成さん)

実は収入は、それだけではない。

「職員としての給料に加え、大谷選手は契約するエージェント・CAAの助言を受け、水原さんに年俸の1~2%相当の報酬を出す雇用契約を結んでいるといいます。年収は1億円以上になるでしょう」(在米コーディネーター)

そんな水原さんに、大谷も最大の感謝を示している。

「’19年には、大谷選手が企画&監修した水原さんの顔がプリントされたTシャツで、エンゼルスナインが練習していました。大谷選手も常々、お世話になった人を聞かれると『やっぱり一平さん!』と真っ先に答えています。

大谷選手は『遠征が多くて家にいられないことが多いんですから、なるべく家族と一緒に過ごしてくださいね』と水原さんに伝えています」(前出・在米スポーツライター)

大谷の卓越した成績だけでなく、こうしたこまやかな気遣いも、水原さんの“10刀流”奮闘の原動力になっているのだろう。

https://jisin.jp/sport/2213287/2/

台湾の野球ファン
本当にすごいですね…

台湾の野球ファン
一平は本当に超人です!

台湾の野球ファン
通訳だけじゃない、もはや個人秘書だよ

台湾の野球ファン
彼はWBCでも多くの日本代表選手の面倒を見ていた

台湾の野球ファン
最強のユーティリティープレイヤー

台湾の野球ファン
通訳の頂点だな

台湾の野球ファン
大谷選手が同意する限り、将来的には間違いなく「大谷選手の野球人生」を書ける人物になるだろうね

台湾の野球ファン
彼もWBC日本代表の非常に重要なメンバーだった

台湾の野球ファン
一平ママ

台湾の野球ファン
水原は本当にめちゃくちゃ万能だ

台湾の野球ファン
彼が大谷を助けることで与える影響は1、2%どころじゃないから、大谷も喜んで給料を与えるよね

台湾の野球ファン
野球経験がないのに大谷のキャッチボールの相手が務まるのもすごい

台湾の野球ファン
彼は大谷の対人関係や日常の雑務も全てうまくこなす。本当にその価値があるよ

台湾の野球ファン
大谷が新しい契約にサインしたら、水原の年収は日本プロ野球選手の誰よりも上になるかもしれない

NPB年俸ランキング2023

1山本由伸65,000
2柳田悠岐62,000
3坂本勇人60,000
村上宗隆60,000

台湾の野球ファン
彼は分析力もあり、すでにチームマネージャーの役​​割も担っている

台湾の野球ファン
水原は本当に特別なアシスタント兼執事だ

台湾の野球ファン
シミュレーションゲーム『大谷選手を活躍させろ!』をリアルでやっている

台湾の野球ファン
大谷のアシスタントもまた歴史に名を残すのかぁ

台湾の野球ファン
大谷の**を卒業させることができないことを除いたら、たぶん何でもできる

台湾の野球ファン
もっともらってもいい

台湾の野球ファン
大谷選手が身体的、あるいは精神的に傷を負ったときに、精神的に支援する仕事もある

台湾の野球ファン
24時間マルチスキルの執事、本当に大変な仕事だな

台湾の野球ファン
まさか台湾からの刺客に留守中に襲われるとは思わなかっただろうね

大谷選手は台湾デーに台湾の記者からアポ無しで突撃取材をされた。そのとき水原通訳はいなかった。

台湾の野球ファン
仕事は大変だけど、疲れたときに通帳を見ると心が癒されるはず笑笑

台湾の野球ファン
野球場の外では、水原は大谷の友人、本当にただの良き友だ

台湾の野球ファン
日本の出版社は彼に本の執筆を依頼したいと考えているだろうな

台湾の野球ファン
通訳のGOAT一平

GOAT … Greatest of All Timeの略。史上最高。

台湾の野球ファン
一平にとっては通訳が最も簡単な仕事

台湾の野球ファン
大谷の結婚以外なら何でも手伝ってくれる

台湾の野球ファン
王の背後にいる男は、怪獣を支えるもう一人の怪獣だった

台湾の野球ファン
神獣の専属執事としてはまだまだ安い

神獣 … ユニコーンと呼ばれていることから。

台湾の野球ファン
全身全霊を尽くしてこれならまだ安い

台湾の野球ファン
台湾の刺客を阻止するのには役に立たなかった

台湾の野球ファン
21年のホームランダービーではキャッチャーも務めた、まさに十種競技をやっている

台湾の野球ファン
成功者の背後には偉大な人物がいるもんだ

台湾の野球ファン
一平はまた大谷にすべての時間を捧げるから、家族との時間を過ごすことができていないでいる

台湾の野球ファン
日本国内で最も稼ぐプロバスケットボール選手は富樫で年俸は1億円

千葉ジェッツのPG、富樫勇樹選手の推定年棒は1億2000万円。

台湾の野球ファン
歩合だと本当に稼げる

台湾の野球ファン
彼はそれに値する

台湾の野球ファン
まさに翔平の執事に相応しいレベルだし給料も良心的だ

台湾の野球ファン
これほど献身的な一平がいたら大谷は二刀流に専念するしかないな

台湾の野球ファン
幸いなことに、大谷は最大であと15年は戦える

台湾の野球ファン
理にかなっている 一平はドラえもんだからな

台湾の野球ファン
めっちゃ忙しいからオフシーズンにしか休めない

台湾の野球ファン
****

台湾の野球ファン
下ネタをやめましょう

タイトルとURLをコピーしました